トップページ > 資格取得案内 - 緑の管理士とは

緑の安全管理士とは

緑の安全管理士とは…

病害虫・雑草の防除に関する高度な知識と技術を取得し、農薬の安全・適正使用の普及ならびに指導・監督を行い得る人材として、公益社団法人緑の安全推進協会が認定する資格です。
緑の安全管理士は農薬の販売、使用場面における安全管理者・指導者としての証となり所属企業・個人の信頼性向上につながる資格です

活躍中の安全管理士のコメント

わが社の「緑の安全管理士」 ~責任ある仕事を遂行する役割~

公益社団法人 緑の安全推進協会 副会長
株式会社 ロイヤル・グリーンメンテナンス
代表取締役 小林 由幸

 当社はゴルフ場、施設等の緑地管理を基幹業務としております。
  緑の安全管理士の資格は、散布作業にあたる上での社内資格の一つの要件として積極的に取得しており、作業員は防除に係わる意識を高くもって従事しております。
 この意識は、緑の安全管理士の資格を持っていることや資格取得にあたって習得した知識等によるものが大きいと思います。
 中でも「住宅地等における農薬の散布について」の入札資格要件として、実施上の責任者として緑の安全管理士等の資格を有することが規定されたことで、我々緑の安全管理士の意識も一層上がりました。

 今後も、住民や子供等への健康被害を与えぬような取り組みや作業にあたっての注意喚起などに責任感をもって取り組んでいく必要性を強く感じております。

 緑の安全管理士の資格取得時には、農薬に係わる関係法規や安全性、芝地や樹木に関する病害虫・雑草防除、散布技術など多岐にわたるカリキュラムが組まれており、大変有意義な機会であると思います。
 このような幅広い内容を勉強できるのは、緑の安全管理士資格取得のカリキュラムならではだと思います。もう一方で、管理士の活動に必要な関係法規や農薬の知識等の内容をタイムリーにサポートするのが、毎年行われている緑の安全管理士の支部大会兼更新研修会です。
 この研修会は、緑の安全管理士の継続的な知識向上に役立っています。

 農薬ビジネスや緑化維持管理業に係る方が、緑の安全管理士資格を取得され、有資格者の誇りを持ってご活躍されることを期待しております。

活躍する緑の安全管理士 ~社会から認知されてきた緑の安全管理士~

正和商事株式会社
紀平 茂男

 最近、緑の安全管理士の資格が徐々に認知されてきたように感じています。
 当初は、造園などに携わる会社側には知られていましたが、行政、公的機関や緑に関わる組織の方には理解されませんでした。食の安全や、農薬の適正使用などが話題になるたびに、その存在がクローズアップされ、今も認定免許としてのポジションを上げ続けています。

 緑の安全管理士の研修会では、最新の情報を得ることができ、著名な方々の講習は非常にためになります。
 自分の携わる仕事以外の情報も、知らず知らずのうちに入手できる仕組みがあり、改めて勉強する必要もありません。緑地管理や農薬の適正な使用法、施行テクニックなど、情報の時代に窓口として最も役立つグループだと思います。

 さらにデジタル化が進み、メンバーなら誰でもどこからでも「緑の安全管理士」に必要な情報が入手できるのがいいですね。

緑化事業トータルサポートの条件 ~緑の安全管理士~

山陽薬品株式会社
吉岡 忠志

 弊社緑化部は長年培った知識と技術を基に、最適な緑化ソリューションのご提案ご提供を行っております。
 そしてその緑、いわば緑地帯を安全且つ適切に維持管理していくためには、農薬の使用は避けて通れない現状です。
 農薬の使用だけでなく、物理的方法、耕種的方法、生物的方法と様々な方法がありますが、農薬を使用しなければ防げない現実的な問題もあり、そこをサポートしてくれるのが、緑の安全管理士だと思います。

 認定され資格取得後には「(公社)緑の安全推進協会」が主催する緑の安全管理士更新研修会が毎年行われております。 この更新研修会こそが、資格取得の最大の事象であると思います。
 毎年行われる研修会では、法令や病害虫・雑草の最新の情報提供、緑地を維持管理する上で、現場で活動する安全管理士の知識向上にとても大きく貢献していると思います。

 緑の安全管理士を取得することによって、緑地帯を包括的に管理する、いわば視点を変えて物事を見る力や多方面から考えることができるようになるとも言えると思います。

 緑の安全管理士の取得と日々の業務で研鑽を積むこと、双方併せ持つことで新しい緑化事業を切り開けると強く信じております。

でんわ相談
03-5209-2512